この会について

「佐賀Appleユーザーの会」は、いつでも新会員を募集しています。
入会に際しましては、以下をよくお読みになった上で、お申し込みください。
 

< 目的 >

  • Apple社製品(Mac/iPhone/iPadなど)に関心と愛情のある人々が気軽に参加することができ、Apple社製品についての話題やアプリ・機器などのより良い利活用のための学習会や講習会などの学びの場を提供すると共に、会員同士で情報 や知恵を出し合い親睦や交流を深める非営利の会を目的とする。

< 入会・退会 >

◎ 入会:「規約」への同意が必要です。
( 補足 )

 佐賀Appleユーザーの会は佐賀県を中心とした、地域ユーザーグループです。 以下の項目すべてに該当する方なら、どなたでも参加できます。

  1. 佐賀県に在住・在勤・在学をはじめ、佐賀県にゆかりのある方。
  2. Apple社製品に、関心と愛情を持っている方。所有しているかどうかは問いません。
  3. インターネット接続環境があり、個人のメールアドレスを所有している方。
◎ 退会:いつでも自由に退会できます。

 

< 活動 >

  • 定例会を2ヶ月に1度の割合で開催しています。
  • 会員専用メーリングリストを設置しています。主として各種イベントなどの告知、打ち合わせに用います。
  • SNSの専用グループを利用したコミュニケーションを楽しめます。Macのこと、その他のこと、幅広くご利用ください。
  • アップルおよび関連団体の主催する行事などの情報提供を行います。

 

< 会費 >

  • 入会費・年会費はともに必要ありません。ただし、使用料の発生する会場を使用する場合は、事前に告知した上で、使用料を徴収させていただきます。
  • 大きなイベントなどがあった場合には、臨時で任意のカンパを募ることがあります。懇親会などでの飲食代などは各自、実費負担となります。

 

< 会員 >

  • 代表:会員の中から選出し、必要に応じて若干名の係りをおく。
  • 佐賀Appleユーザーの会は会員の皆様のMacおよびAppleへの愛情と善意に基づいて運営されています。会を利用して会員に迷惑のかかる行為は一切禁止します。また、以下の1~5の内容に反する行為が認められた場合、予告なく脱会処置をとることがあります。
  1. 営利目的に会を利用しないこと。営利活動に関する基準は、アップルの定めるところに拠ります。
  2. 教育的であること。向上心を忘れずに、豊かなAppleライフを送りましょう。
  3. 他のOSユーザーに対しても常に開かれた会であること。
  4. 著作権を尊重すること。アプリケーションやコンテンツの違法コピーなどの提供はもちろん、それを助長するような行為も禁止します。
  5. 会の趣旨にそぐわない目的のための勧誘活動を行うなど、会員に対する会を利用した迷惑行為を行わないこと。

< メーリングリスト・SNS規約 >

  • すべての会員は、佐賀Appleユーザーの会のメーリングリスト (以下、ML) および、佐賀Appleユーザーの会SNSに登録していただきます。
  • ML・SNSを利用するに当たって、下記の規約と注意事項を遵守してください。
  • 特に規約の1~4までの内容あるような禁止事項に書かれてある行為が認められた場合、予告なく脱会処置をとることがあります。
(規約)
  1. 違法行為または、公序良俗に反する行為、プライバシーを侵害する行為、およびそれらの情報の提供を禁止します。
  2. 人種差別、偏見、いやがらせ、中傷、誹謗、罵倒、脅し、わいせつ、その他会員に不快感を与える情報の送信・掲載を禁止します。
  3. ジャンクメール、スパム、チェーンレターなど正当な通信目的以外の投稿をすることは禁止します。
  4. サーバーに負担をかける行為、および他の会員のアクセスまたは操作を妨害する行為は禁止します。
  5. 佐賀Appleユーザーの会は基本的に会員同士の通信や活動に関与しません。もし、会員同士の衝突があった場合も、悪質行為と見なされる場合を除き、当事者同士で解決するものとし、当方ではその責任を負わないものとします。
  6. 佐賀Appleユーザーの会は、ML・SNSサービスをいつでも任意の理由で中断することができます。
  7. 佐賀Appleユーザーの会は、ML・SNSサービスを利用、または利用ができないことによって引き起こされた(直接的、間接的を問わず)損害について、一切責任を負わないものとします。

 

< 個人情報について >

  • 会員の個人情報の取扱いについては、外部への流出がないよう努め、その保護・管理の徹底をはかります。
  • ただし、裁判所や警察署などの公的機関、あるいはそれに準じる機関より、しかるべき手続きを経て個人情報の開示を求められた場合に限り、会員本人の同意なく開示することがあります。